伝音難聴と感音難聴…耳の様々な病気についての説明

 

 

日々、音に囲まれて生活している私たち。耳は聴覚を担い、生きている上で大切な役割を果たしています。

 

耳の役割は聴覚だけではありません。耳の一部である三半規管は体のバランスを司る器官でもあり、耳の病気になると生活に大きな支障をきたしてしまうこともあります。

 

耳の病気と申しましても色々ありまして、薬で治るもの、補聴器によって対応出来るものもありますが、中には手術をしなければ完治しないもの、しなければ命に関わるものもあります。帝京大学病院は我が国の中でも有数の手術実績を有しています。

 

今回は様々な耳の病気の中でも手術によって治療する耳の病気についてお伝えします。

 

帝京大学医学部、耳鼻咽喉科の伊藤健医師。難聴やめまいなどに苦しむ患者が数多く訪れる帝京大学病院で高い技術が求められる耳の手術を数多くこなすスペシャリストです。

 

耳の病気の中で手術が必要な物はどのようなものがありますか?

 

一番多いのは慢性中耳炎や耳硬化症のように耳の中でも中耳という部分に生じる病気ですけれど、それ以外にも重度の感音難聴、内耳が機能しない人に対して人工内耳という機械を埋め込む手術があります。耳は大きく分けると体の外側から外耳、中耳、内耳の3つの部分から構成されています。私たちが普段耳と行っている耳介、そして耳の穴である外耳道をまとめて外耳と呼びます。鼓膜の裏側の空間を中耳と呼び、耳小骨を含みます。鼓膜は厚さ0.1ミリメートルの薄い膜。耳小骨はツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨の小さな骨で互いに連なっています。中耳は耳管によって鼻の奥へとつながっています。耳管は鼓膜より内側の気圧を保つ役割をしています。内耳は前庭、三半規管、蝸牛から構成されていて前庭と三半規管は平行感覚を司る器官、蝸牛は音を感知する器官です。そして外耳から中耳にかけての障害が原因の難聴を伝音難聴、内耳や神経の障害が原因の難聴を感音難聴と呼びます。

 

伝音難聴と感音難聴これは人が音を認識する仕組みを理解することでその違いが分かります。そこでこのコーナー。

 

今回は何故音が聞こえるのってことですね、ドクター。

 

うん、そもそも音ってなんだか分かるかな?

 

空気の波みたいなものですか?

 

その通り。音とは空気の振動だ。耳介で音を集めて外耳道から鼓膜に達した音は耳小骨に伝わる。空気の振動であった音がここで個体の振動に置き換わるんだ。そして更にアブミ骨は内耳の前庭階の大リンパ液という液体を振動させる。ここで個体の振動が液体の振動に置き換わるんだよ。

 

空気の振動が個体の振動に変わって、更に液体の振動に変わるんですね。

 

ここまでの音を伝える部分での障害による難聴が伝音難聴、というわけだ。更にそれが蝸牛の中で電気的な信号に変換され聞こえの神経、聴神経に伝えられるんだ。そしてそれが脳に到達して音として認識されるんだよ。

 

その音を感じる部分での難聴が感音難聴ってことですね。何気なく聞いている音もすごく複雑な仕組みで伝わっているんですね。

 

こちらでは数多くの耳の手術を行っているそうですね。

 

慢性中耳炎や耳硬化症の手術など中耳の手術を年間300例近く行っていまして、国内の医療機関の中でも有数の手術症例数を誇ります。また、手術では聴力の改善しない過度難聴の患者さんに対しても補聴器外来を行っていまして、年間2000人の方が受診されております。

 

今回ご紹介頂く手術はどのようなものでしょうか。

 

耳の病気の中でも最も厄介なものである真珠腫性中耳炎の手術、それから極めて小さな病変である耳硬化症に対するアブミ骨の手術、更には高度の感音難聴に対して治療が可能になった人工内耳の埋め込みの手術の3つをご紹介したいと思います。

 

真珠腫性中耳炎とアブミ骨手術は中耳の手術です。真珠腫性中耳炎とは鼓膜や外耳道の皮膚が中耳腔に進出して袋状に膨らむ病気です。その袋の表面が白くて綺麗で真珠のように見えることから真珠腫と呼ばれています。しかしその外見と異なりまして真珠腫というのは周りの骨を溶かしてどんどん広がってしまうと、とても怖い病気です。

 

真珠腫性中耳炎は真珠腫が出来る場所や拡大の仕方によって症状が変わってきます。平衡感覚を司る三半規管に拡大していくとめまいを起こすようになります。また、中耳の裏側に通っている顔面神経のほうに拡大していくと顔面神経麻痺が起こってきます。更に脳との境の骨を破壊してしまうと炎症が波及して髄膜炎に陥ってしまい、最悪の場合、命に関わってくることもあります。

 

真珠腫性中耳炎が疑われるのはどのような症状がありますか。

 

初期のうちはほとんど症状がでてきませんが、その場合でも耳鼻科を受診すれば発見することは可能です。ある程度進行しますと、強いにおいを持った耳だれが出てきます。更に内耳の骨を壊す程度まで進行してしまうと、めまい、耳鳴り、難聴という酷い症状が出てきます。

 

アブミ骨手術をする耳硬化症とはどのような病気なんでしょうか。

 

耳小骨の中でもアブミ骨という骨が動きにくくなって起こる病気です。硬化病変というのがアブミ骨の周囲に増殖してアブミ骨を動かなくしてしまうことによって起こります。初期症状として難聴を自覚してから徐々に悪化をしていきます。中には耳鳴りを伴ってくる場合もあります。ただ、進行がゆっくりなので老人性難聴と誤解して補聴器に頼ってしまう方もいらっしゃいます。

 

まず、耳の中を観察します。真珠腫性中耳炎の場合には顕微鏡で耳の中を覗けば真珠腫を見ることが出来ます。次に聴力検査を行います。これは様々な高さの音について聞こえる最も小さな音を調べる検査です。

 

聴力検査によって難聴の症状があるのか、その程度はどれぐらいなのか、伝音難聴なのか、感音難聴なのかなどが分かります。更にCTスキャンで断層写真を撮ります。これで病変の進展範囲、骨がどの程度壊れてしまっているかなどを知ることが出来ます。これは真珠腫性中耳炎の患者のCTスキャンの画像。真珠腫が無い方の耳の画像と比べると進行した真珠腫の病変が内耳の三半規管のところにある骨を溶かして穴が空いているのが分かります。更に、別の真珠腫性中耳炎の患者の画像では拡大した真珠腫が脳の下にある骨を溶かし、無くなっている様子が分かります。…

 

↓おすすめの耳鳴り・めまい解消法